昭和30年代後半にNHKで放映された、桂小金治主演のドラマ「ぽんぽん大将」に出演した『五郎』というちょっと陰がある少年(大将の家には孤児が何人か一緒に暮らしていた)の役をしていた人は誰でしょうか?なに分にも昔のことで、か 子供,テレビ,番組,一覧,昭和30年代,昭和40年代,昭和50年代, 昭和60年代,1950年代,1960年代,1970年代,1980年代,リスト,アニメ, 1~ 5件 / 全5件. 「NHKドラマ10 「昭和元禄落語心中」」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ . 平均視聴率:39.1% 最高視聴率:50.6% 第40作目 昭和63年(1988年 前期) 主演:藤田朋子 脚本:佐藤繁子(松平繁子) ナレーター:中村メイコ 音楽:渡辺俊幸 演奏:コンセール・レニエ タイトル画:わたせせいぞう 時代設定:昭和23年~29年 制作局:NHK 最寄りのnhkでみる ; 放送記録をみる ... すべてのジャンル ニュース 特集番組 大河ドラマ 連続テレビ小説 ドラマ クイズ・バラエティ 音楽 伝統芸能 こども・教育 人形劇・アニメ 報道・ドキュメンタリー 紀行 教養・情報 自然・科学 趣味・実用 放送年 すべての年代 1920年代 1930年代 1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代 2020年代. 1969年 (昭和44 年)の一覧 ・天と地と ・信子とおばあちゃん 他 詳しくはこちら. 1970年代・1980年代・1990年代・2000年代のドラマ視聴率ランキングをご紹介します。人気のドラマやおすすめのドラマもご紹介します。 このホームページでは、利便性の向上と視覚効果を得るために、JavaScriptを使用しています。ブラウザの設定画面で、JavaScriptをONにしてご利用ください。, 『少年ドラマシリーズ』は主に小中学生向けに1972年から1983年にNHKが放送したテレビドラマシリーズである。SF、ミステリーから文学、コメディーまで題材は多彩。放送開始当初(毎週土曜夕方6時5分~)より、少年少女たちを魅了し、その声に押されるように1973年度からは月・火・水曜夕方6時5分からの帯ドラマとなって、学校から帰宅した少年少女たちの“定番”となった。, 日々生産される日本のドラマの多くは大人向けというより若者向けだが、かつて多くの子どもを夢中にさせた若者・少年ドラマが存在した。, テレビ放送開始の1953(昭和28)年当時、日本が手本としていたアメリカテレビ界では、繁栄する時代を背景にした家族ドラマが全盛で、1955(昭和30)年代には、『アイ・ラブ・ルーシー』『パパは何でも知っている』『名犬リンチンチン』等の人気番組が日本に購入され放送された。当時の日本人はドラマに登場する冷蔵庫、洗濯機等の家庭電化製品や大きな自家用車に未来の繁栄を夢見たものである。また、テレビによる子ども教育の重要性も強調され、昭和30年代から昭和40年代(1955~1975年)は各局ともテレビの夕方6時台、日曜午前は少年番組時間帯とされ、NHKでも『こども劇場』『名作劇場』など子ども向けドラマが数多く制作された。『ホームラン教室』、『ポンポン大将』、『次郎物語』等のドラマを覚えておられる方も多いに違いない。, 私事だが、少年ドラマは私のNHKの仕事のスタートだった。1968年に配属された名古屋放送局(=CK)では、常時少年ドラマを制作しており、『名探偵カッチン』『五人と一ぴき』等の人気ドラマがあった。今でもファンの多い『少年ドラマシリーズ』(1972~1978年まで89作品、1979年から1983年までは断続的に10作品)でも、『タイム・トラベラー』にはじまるAK(東京)の名作群に伍して、CK(名古屋)でも多くの作品が制作された。私自身もオールフィルム作品「あなたの町」を意気込んで演出したことを今も思い出す。これらドラマには、フィクションを通じて楽しい夢や知恵、知るべき世界を子どもに伝えたいという熱い視線があり、親たち(当たり前だが当時のテレビは家族一緒に見るものであった)に向けても、確固たるメッセージが込められていた。一流の原作と脚本で、子どもだからと、メセンを下げない志の高い番組だった。故に、今も多くの人が語り伝える伝説的番組となりえたのだと思う。, しかし、日本の社会構造は変質し、高度成長を経て高齢化少子化社会が到来する。メディアの多様化の中でテレビの教育的効用も相対的に減少し、NHKでも少年ドラマの担い手であった青少年幼児部は消え、ファミリー番組部という部と変わる。1996年、ファミリー番組部で、ジュニアドラマ「クラインの壺」が制作されたが、シリーズ化はされず、その後、少年ドラマは制作されていない。, 1990年、子ども向けドラマは『子どもパビリオン』(1990年度)の中で5本制作され、翌1991年の『のんのんばあとオレ』に始まる『ドラマ愛の詩』は2年間2シリーズの放送の後、1999年から2004年の間に新作の連続ドラマとしては教育テレビで14シリーズが放送された。, 一方、2000~2003年には新しい試みとして、若者をターゲットとする『ドラマDモード』が放送され、2008年から2010年まで、児童文学や、コミック原作を中心に若者向けのドラマ枠『ドラマ8』が放送された。, 『ドラマDモード』は、「23時は若者のゴールデンタイム」を合言葉に2000年から2年間(~2003年3月)NHK総合テレビで放送された連続ドラマ。『ドラマ愛の詩』は、「青少年に愛と感動、そして人間を信じることのすばらしさを届ける」をキャッチフレーズに1999年から2004年までNHK教育で新作のシリーズが放送された青少年向けドラマ。『ズッコケ三人組』『双子探偵』『六番目の小夜子』などのヒット作が生まれた。『ドラマ8』は、2008~2010年、ゴールデンの午後8時台に10代とその母親をターゲットに制作された。, NHKドラマには若者向けドラマという一連のジャンルがある。2000年に始まった『ドラマDモード』は「23時は若者のゴールデンタイム」を合言葉に、それまではニュース枠だった23時台に大胆にもドラマシリーズで切り込んだ。若者をねらってBSでも「BSドラマアヴェニュー」として先行集中放送するというユニークな戦略的編成もとられた。手探りながらドラマ未開拓地の23時台に若者向けの青春物、ラブストーリー、様々な野心作が作られ始めた。前世での仲間を求めて廃墟の島を旅する少女たちを描いた『深く潜れ』はドラマ初出演のアイドル鈴木あみと長崎県軍艦島での撮影が強烈な印象を残した。『FLY』はパイロットをめざす航空学園の青春グラフィティ、『グッド★コンビネーション』はお笑い芸人を目指す関西の若者たちの汗と涙の青春を描いた。『もう一度キス』では窪塚洋介とドラマ初出演のユンソナがせつないラブストーリーに挑んだ。現代の野生児を描いた異色作『トトの世界』はドラマでは難しいギャラクシー賞大賞を受賞する快挙をあげ、この作品がNHK初執筆の脚本家・大森寿美男が向田邦子賞を史上最年少で受賞した。大森寿美男が山田太一の原作を脚色した『君を見上げて』は森田剛主演の身長差カップルの等身大ラブストーリー。これが2年続いた『ドラマDモード』最後の作品となった。, そして「23時よるドラ」へと継承されて、30代40代女性に支持されるシリーズへと発展する。ドラマDモードの功績は、いまや民放では当たり前になった深夜ドラマの先駆けとなったことにあろう。, 『ドラマ愛の詩』のレギュラー放送は、大きな少年犯罪が社会に衝撃を与えていた時期に、「青少年に愛と感動、そして人間を信じることのすばらしさを届ける」をキャッチフレーズとして、1999(平成11)年4月から、教育テレビの毎週土曜日午後6時から午後6時30分の放送時間枠で始まった(連続12回が標準)。2003年からは、時間帯が午後7時からに変わり、放送時間も25分になった。『ドラマ愛の詩』が新作を作ったのは、1999年から2003年までの5年間だった。, 『ドラマ愛の詩』では、『ズッコケ三人組』や『双子探偵』、『六番目の小夜子』など数々のヒット作が生まれた。『ドラマ愛の詩』の連続ドラマは14シリーズ、『ズッコケ三人組』、『六番目の小夜子』など6本が東京制作、『料理少年Kタロー』、『パパトールドミー』など4本が大阪局制作、『エスパー魔美』、『どっちがどっち!』など4本が名古屋局制作だった。, 私も名古屋局で4シリーズの『ドラマ愛の詩』の制作にかかわった。主人公の中学生や高校生が収録を通じて、俳優として成長してこちらの予想を超えていく姿をみられるのが『ドラマ愛の詩』の醍醐味だった。企画自体、児童文学、漫画からSFまでジャンルが幅広いこともあり、視聴者の子どもにどんなドラマを届けるか、自分自身が問われる仕事だった。名古屋制作の『幻のペンフレンド2001』は、眉村卓のSF小説が原作で、現代版『少年ドラマシリーズ』だった。『天使みたい』は、双子の妹が死んで、科学博士の母親が「ロボットの妹」を創ってしまうお話。一人二役で人間とロボットの双子を演じきった黒川芽以の演技は忘れられない。大阪局制作では、主題歌やCGの使い方までこだわり満載の『料理少年Kタロー』と『浪花少年探偵団』が視聴者を楽しませた。『ドラマ愛の詩』の後半の大傑作は、藤本有紀脚本の『ミニモニ。でブレーメンの音楽隊』と、単発のドラマ愛の詩スペシャル『キテレツ』だろう。, 2008年に始まった『ドラマ8』はゴールデンの8時台に10代と母親をダブルターゲットにスタートした。高齢者中心の8時台の視聴者層を何とか広げようというねらいだった。第1弾の『バッテリー』は、あさのあつこ原作のベストセラーに、ジャニーズの新人・中山優馬を抜擢、Mr.Childrenの主題歌と脱NHK的なおしゃれなテイストを目指した。NHKを見ない10代をいかに惹きつけるか、初めての新聞広告や携帯バナー広告など戦略的な広報展開が図られた。漫画原作が多いのも特徴で、『キャットストリート』『Q.E.D. 日本のテレビドラマ一覧 (年代別) ... 七瀬ふたたび(nhk)少年ドラマ シリーズ; 熱中時代 〜第1シリーズ〜(日本テレビ) < 視聴率40.0% > 駆け込みビル7号室(フジテレビ) 1980年代 1980年. おちょやん. ※nhkのすべてのドラマを掲載しているわけではありません。あらかじめご了承ください。 2020年度 後期 連続テレビ小説. 昭和30年代は、アメリカ製のTV番組がたくさん上映されていた。名犬リンチンチンやアニーよ銃をとれ、そしてローハイドなどが人気でした。おそらく当時はあのNHKでさえ放映設備や機材も不足で、ましてTV番組現場での制作ノウハウも少なかった。そんな時分に和製のTV番組のヒットが始まりました。それはアメリカTV番組の影響も受けながらではありました。 それでは昭和30年代、主に前半のヒットTV番組から和製の10番 … 児童向けドラマ(じどうむけドラマ)は、児童向けに製作されたドラマのジャンルである。. 2020年12月30日(水) 午前7:20~午前8:19(59分) ジャンル ドラマ>国内ドラマ 番組内容 北野武のエッセイをドラマ化。昭和20年代、ペンキ職人の家に生まれた下町のやんちゃ坊主が、たくましく生きていく姿を描く。1985年銀河テレビ小説のアンコール放送。 出演: 岡田将生 、 竜星涼 、 成海璃子 、 大政絢 、 しるさ 、 大西利空 、 南出凌嘉 、 庄野凛: もっと見る. dvd; NHKドラマ10 「昭和元禄落語心中」のシリーズ商品. 少年ドラマシリーズ(しょうねんドラマシリーズ)は、1972年から1983年にかけてNHK総合テレビで放送された、主に小中学生向けのテレビドラマシリーズ。, 1972年1月の放送開始から1973年3月までは毎週土曜18時枠、1973年度から1975年度は月曜から水曜日、1976年度と1977年度は月曜から木曜日の18時枠の帯番組として放送され、1978年度から1983年度までは特番として断続的に放送された。, 帯番組時代は大半が東京のNHK放送センター制作だが、1973年から1977年にかけて名古屋放送局も一部の作品を制作した[1]。名古屋市とその近郊でロケが行われたものも多く、伊賀上野を舞台にしたものもあった。また、出演者が『中学生日記』と重複することもあった。東京制作分はSFものを重視していたのに対し名古屋制作分は原作ものを重視していた[1]。, 1973年度から1977年度まで18時台の海外ドラマは独立番組として放送されず、“少年ドラマシリーズ”の作品として放送された。, また、池上季実子や古手川祐子、紺野美沙子といった女優が少年ドラマシリーズで実質上のデビューを飾っている。, 1970年代の作品は2インチVTRが高価であり、加えて著作権法の絡みなどから、作品の大半は放送後に上書き消去され、数作を除いてNHKには残っていないとされていた。しかし、フィルム撮影の『つぶやき岩の秘密』『ユタとふしぎな仲間たち』や当時の視聴者の録画テープを基にした『なぞの転校生』などとともに、現存していた作品は1989年前後にNHKソフトウェア(NHKエンタープライズ)のVISUAL VOOKレーベルなどからセルビデオで発売された。, その後1998年に「ドラマ愛の詩」の放送開始で少年ドラマシリーズが再認識されるようになり、1999年にインターネットコミュニティ上で有志が資料提供などを募る「少年ドラマシリーズ復刻キャンペーン」を展開。そして当時の視聴者、出演者から『悦ちゃん』、『蜃気楼博士』などのVHS・ベータマックス等で録画されたビデオテープがNHKに寄贈された。NHKで歪みなどの映像修繕を経て、2001年に断片的でありつつも数編の作品がDVDビデオ化(販売元:アミューズ)され、またNHKアーカイブス (施設)等でも一部の作品を視聴することが可能になっている(所蔵はされているが状態などの関係も有り、『蜃気楼博士』など現在一般には公開されていない作品もある)。NHKアーカイブス所蔵の作品に関しては、ごく一部ではあるがNHKオンデマンドで公開されインターネットで閲覧できる物も有る。ただし、松本清張原作の『赤い月』は、NHKソフトウェアから発売の「懐かしのこども番組グラフィティー・夕方六時セレクション (2)」にダイジェスト収録。また、『長くつ下のピッピ』は、アスミック・エースエンタテインメントより発売されているが(全4作)、こちらは短縮再編集された劇場公開版のため、内容は若干テレビ版とは異なり、注意が必要(吹き替えも違い、ピッピ役の吹き替えは岸田今日子。ただし、DVD版で第3作に当たる「ピッピの宝島」のみテレビ版と同じキャロライン洋子の吹き替えとなっており、この作品のみテレビ版の音声を流用した物と考えられる)。, また、映像以外の資料も公式にはあまり残されておらず、熱心な視聴者が記録を採っていたもの程度に留まるが、2001年にアスキー(現:KADOKAWA・アスキー・メディアワークスブランド)からDVDビデオとの連動企画で少年ドラマシリーズのムック本、『NHK少年ドラマシリーズのすべて』が刊行されている。前述のNHKアーカイブスにも台本等の資料がわずかに所蔵されているが一般には公開されていない。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=少年ドラマシリーズ&oldid=80963804, 1978年度:月曜 - 木曜 18:25 - 18:40(『ポンコツロボット太平記』のみ), 1983年度:火曜 19:30 - 19:59(『だから青春 泣き虫甲子園』のみ). ドラマ クイズ・バラエティ 音楽 伝統芸能 こども・教育 人形劇・アニメ 報道・ドキュメンタリー 紀行 教養・情報 自然・科学 趣味・実用 放送年 すべての年代 1920年代 1930年代 1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代 2020年代 dvdを追加. 基本的に子供を対象にしたドラマであるが、子供を含むファミリー層や若者向けの作品も多く、全日帯に放映される。. nhkドラマ10「昭和元禄落語心中」 一巻. アメリカ合衆国のテレビドラマ一覧 (年代順)では、アメリカ合衆国のテレビドラマを年代順に並べ一覧にする。基本的に、アメリカでの放送開始日ごとに分類する。五十音順の一覧は Category:アメリカ合衆国のテレビドラマを参照。 1950年代. 12月26日(土)最終回! 日. 1979年 (昭和54 年)の一覧 ・草燃える ・マー姉ちゃん ・鮎のうた 他 詳しくはこちら. 1970年代 の作品は2 ... ワークスブランド)からdvdビデオとの連動企画で少年ドラマシリーズのムック本、『nhk少年ドラマシリーズのすべて』が刊行されている。前述のnhkアーカイブスにも台本等の資料がわずかに所蔵されているが一般には公開されていない。 放送時間. nhkのウェブサイトでは「若者・少年ドラマ」とも呼ばれる 。. nhkドラマに関する総合情報サイト。新作トピックスや再放送情報はもちろん、放送中の番組に関するデータも充実しています。 国内ドラマ一覧 ... 1970 年代 開く. 1978年 (昭和53年)の一覧 ・黄金の日日 ・おていちゃん ・わたしは海 他 詳しくはこちら. 1968年 (昭和43年)の一覧 ・龍馬がゆく ・あしたこそ 他 詳しくはこちら. dvdを単品追加. 明治開化 新十郎探偵帖 (全8回) 毎週金曜 夜8時. 「少年探偵団」は、昭和31年(1956年)4月16日から昭和32年(1957年)12月31日までニッポン放送で放送されたラジオドラマである。 金 bs時代劇. ドラマ>国内ドラマ 番組内容 北野武のエッセイをドラマ化。昭和20年代、ペンキ職人の家に生まれた下町のやんちゃ坊主が、たくましく生きていく姿を描く。1985年銀河テレビ小説のアンコール放送。 出演者ほか nhkドラマに関する総合情報サイト。新作トピックスや再放送情報はもちろん、放送中の番組に関するデータも充実しています。 国内ドラマ一覧 ... 1960 年代 開く. 子連れ信兵衛2 (連続7回) 毎週土曜 午後6時5分. テレビ放送開始の1953(昭和28)年当時、日本が手本としていたアメリカテレビ界では、繁栄する時代を背景にした家族ドラマが全盛で、1955(昭和30)年代には、『アイ・ラブ・ルーシー』『パパは何でも知っている』『名犬リンチンチン』等の人気番組が日本に購入され放送された。. 昭和30年代のアメリカン・ホームドラマ 昨日、ノーマン・ロックウェル展のところで書いたアメリカの良き家族の時代について、私が昔TVで観ていたアメリカのホームドラマの思い出を通じてちょっと語ってみたいと思います。 ラジオドラマ関連情報. 土 土曜時代ドラマ. 証明終了』『ふたつのスピカ』『とめはねっ!鈴里高校書道部』と並んだ。しずちゃんの女子ボクシング『乙女のパンチ』、超常現象もの『七瀬ふたたび』『ゴーストフレンズ』、ノンストップアクションもの『ROMES 空港防御システム』などあの手この手で模索していった。残念ながらシリーズは2年で終了となり、8時台若者ドラマの定着には到らなかった。定着するには数年放送し続ける辛抱が必要だし、どこの時間帯が有効なのかという戦略的編成が重要なことも判ってきた。若者が見たいヴィヴィッドな青春ドラマを作り続けることはドラマの使命であり、その挑戦はたゆまず続けなければならない。, 続 タイムトラベラー(1972年11月4日~1972年12月2日/石山透(原案 筒井康隆)オリジナルシナリオ 脚本:石山透), はつさんハーイ!(1973年1月6日~1973年1月27日/由起しげ子「女中ッ子」), 空飛べ!キャットウィーズル(1973年5月7日~1973年5月23日/脚本:リチャード・カーペンター), 海のセバスチャン(1973年10月1日~1973年10月24日/監督・脚本:セシル・オーブリー), 荒野の王子(1974年2月11日~1974年3月6日/脚本:チャールズ・ウッドほか), おんぼろ車のドナおばさん(1974年5月13日~1974年5月22日/ノエル・ストリートフィールド), 少年カウボーイ(1974年10月14日~1974年11月6日/原案:ジョン・セバーグほか), 長くつ下のピッピ(1975年9月22日~1975年10月15日/アストリッド・リンドグレーン), アルプスの少女ハイジ(1976年2月2日~1976年2月11日/ヨハンナ・スピリ), 長くつ下のピッピ~冒険旅行・海賊退治~(1976年5月31日~1976年6月10日/アストリッド・リンドグレーン), いたずらっ子エミール(1976年7月5日~1976年7月22日/アストリッド・リンドグレーン), 安寿と厨子王(1976年12月20日~1976年12月23日/「山椒太夫」(説経節)), 未来からの挑戦(1977年1月10日~1977年2月11日/眉村卓「ねらわれた学園」), 白い峠(1977年10月31日~1977年12月1日/(オリジナル脚本)佐々木守), その町を消せ!(1978年1月30日~1978年2月23日/光瀬龍「その花を見るな!」), ポンコツロボット太平記(1978年12月25日~1978年12月28日/石川英輔), オハヨウ先生こんにちは(1980年8月4日~1980年8月11日/(オリジナル脚本)田波靖男), 家族天気図(1980年12月22日~1981年3月28日/(オリジナル脚本)関功), おれたち夏希と甲子園(1982年8月2日~1982年8月6日/(オリジナル脚本)高星由美子), だから青春 泣き虫甲子園(1983年6月14日~1983年10月11日/あだち充、やまさき十三). このuriのページは,従来「1950年代」として公開していましたが,データ質量の増加により年単位に分割しました。(2019年9月) 1960年代に再制作されたドラマの初放送日を確認するための調査の副産物として掲出しました。

ゆうパケット 日数 大阪 東京, フェース ラメラモード 美容液, 眼鏡 産地 日本, トリック 霊 能力者バトルロイヤル ネタバレ, エレカシ 野 音 アーカイブ, 好きな 食べ物 女子ウケ, スタバ トールサイズ 一番高い,