ジャン=ピエール・ジュネ監督によって、 1997年に公開された映画エイリアンシリーズの最終章。 個人的な話ですが、エイリアンシリーズ4作品の中で、 僕が最も好きな作品です! 3作目でリプリーは死んでしまいましたが、 今作ではクローンとして復活を遂げました。 そのため、今までのリプリーとは性格が全く違い、 肉体的にも超人的なパワーを持っています。 エイリアンの血を引いたリプリーは、血液は酸でできており、 力もあり、身体能力もずば抜けています。 このリプリーが超絶カッコイイん … 2020.2.15 更新 『エイリアン』あらすじ概要. 知っておくべき!人種差別がテーマの映画おすすめTOP15を年間約100作品を楽しむ筆者が紹介! エイリアンシリーズ1作目。宇宙船ノストロモ号は地球に帰還中、地球外生命体からの信号を受信して、その小惑星へ … 1979年の公開時から多くの熱狂的ファンに支えられて、エイリアン1~エイリアン4までシリーズ化され、さらにはプレデターなどの地球外生命体同士の超人気作品とのコラボレーションまで実現化されました。今回の記事では、エイリアンシリーズのいままでのラストまでのあらすじを紹介し、そのエイリアンシリーズのなかのエイリアン4のあらすじやラストまでのネタバレ、ファン達による評価を重点的に紹介します。, 宇宙に人類が進出し、人間を冷凍保存して長期航行して太陽系外まで自在に行き来できるようになった未来を舞台にしたSFホラー作品、エイリアンは第一作品が1979年に公開された時から多くのファン達を引き付け続けてきました。現在では、シリーズナンバリングがエイリアン4まで続き、さらには同じ地球外生命体との遭遇を描いたプレデターとの共演までしました。, そんなエイリアンの最重要登場キャラクターであり主人公たちに襲い来るのエイリアンとはなんなのかその不思議な生態、エイリアン4に至るこれまでのこれまでの作品のストーリーをラストまでのあらすじをネタバレを交えて紹介します。さらにはエイリアン4をラストまで見た人たちの感想や評価の一部を紹介します。ネタバレも含みますのでご注意をください。, 超人気シリーズ第一作となったエイリアンはリドリー・スコット監督により1979年公開されました。宇宙船の密閉空間で、意志疎通不可能な狂暴な生態を持つ地球外生命体(エイリアン)との遭遇と、エイリアンから逃れつつも対抗する主人公たちの物語を描いたSFホラー映画です。このエイリアンの本来の意味は外国人を意味する名詞でしたが、この映画の印象から「異星人」を意味する単語として広く定着するきっかけとなりました。, 一つの単語の意味を変化させるほどエイリアンの映画は、多くの人々に高い評価を受けました。そんなエイリアンに登場する正体不明の地球外生命体エイリアンは実に不思議な生態をしています。遭遇した人類を容赦なく襲い残酷に殺す暴虐さ、ロケットに使われる装甲すら貫通する鋭い凶器じみた肉体、腐食性の体液、なにより他の生命体に寄生をして幼体を成長させる狂気じみた生態などなどを詳しく、ネタバレも交えて紹介していきます。, エイリアンの映画の代表モンスターともなるのは、人よりも大きな外骨格を思わせる黒い肉体に、縦長の頭部を持つエイリアンでしょう。映画の中では名称はつけられていませんし、多くのエイリアンが登場します、それらのなかでも特徴的な個体や登場したシリーズから「エイリアン・ビッグチャップ」「アイソレーション・ゼノモーフ」「エイリアン・ウォーリアー」などなどとファン達からは呼ばれて識別されています。, エイリアン以外の生命体を見つけると襲い掛かるうえに、その外殻はかなり高質化しており拳銃では致命傷を与えることができないほどです。外殻を破壊して傷を負わせれば、黄色い体液が流出します。その体液は、金属や人間を含めたあらゆるものを腐食させる性質を持ち、うかつにエイリアンにダメージを与えてその体液がふりかかったことが原因での死傷者もエイリアンシリーズで何度も描かれています。, エイリアンのなかには、それを統率する描写が描かれる巨大な「エイリアンクイーン」という個体も存在します。その体格は他のエイリアンをはるかに上回り、通常のエイリアンとは違う突起や、頭部には王冠を思わせる期間が後方に伸びています。下腹部には半透明な産卵管があり、フェイスハガーが生まれるエイリアンエッグを次々に生み出し続けます。, エイリアンシリーズのラストでは、リプリーとの戦闘が何度も描かれています。エイリアンクイーンに移動する必要があると、下腹部についた産卵管を自切して移動や攻撃行動をします。全てのシリーズで卵を産む描写がありましたが、エイリアン4ではリプリーと融合した遺伝子から生み出されたために、これまでの卵生から胎生に変化しています。, エイリアンシリーズの恐怖を演出するもう一つの立役者フェイスハガーは、人間の両手首を一つにまとめて指を広げたものと、カニを思わせる形状をしています。卵から産まれたフェイスハガーは、エイリアンによって連れてこられた犠牲者の顔面にとびつき、尻尾部分を体に巻き付けて固定します。, 相手の顔に張り付くことから、Face(顔に)Hugger(張り付くもの)と呼ばれているのです。顔に張り付いたあとは、寄生管を伸ばして相手の体内に寄生体を送り込みます。このときに、フェイスハガーを外そうと傷つけると、エイリアンの黄色い体液が吹き出すために力づくで外すことが困難となっています。また、寄生体を送り込んだフェイスハガーは役目を終えてやがて活動を停止します。, 犠牲者の体内に入った寄生体チェストバスターは、犠牲者を生存したまま取り出すには外科手術をしないかぎり不可能だと劇中で語られています。ほとんど犠牲者はチェストバスターの名前「Chest(胸を)burster(破壊するもの)」の由来通りに、腹部を内側から破壊されて死亡してしまいます。, このチェストバスターは、犠牲者の胸から出ると、すぐさま脱出して他のエイリアンのように配管などの物陰に紛れて逃げおおせます。こうして逃げおおせたチェストバスターは、はじめは白色の色をしていましたが、脱皮を繰り返して成長するうちに外殻が固く黒くなっていきます。やがて姿形共にエイリアンになり、新たな犠牲者をエイリアンクイーンの元へ運ぶのです。, エイリアン4のあらすじを説明する前に、リプリーのこれかでの戦やエイリアンによる多大なる犠牲と、如何にしてエイリアン4のオープニングへ至ったのかを説明しなければなりません。次からは、エイリアンナンバリングシリーズのあらすじを、ネタバレ込みでラストまで解説します。, エイリアンの監督をしたのは「デュエリスト(決闘者)」でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞したリドリー・スコット監督です。非常に印象的だと高評価されるエイリアンやチェストバスター、フェイスハガーのデザインをしたのはシュルレアリスムの巨匠デザイナーであり、「スピーシーズ種の起源」「キラー・コンドーム」「帝都物語」などで数々のクリーチャーを産み出してきたハンス・リューディ・ギーガーです。, エイリアン1の劇場版公開時のキャッチコピーは「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」といったもので、その通り舞台は宇宙です。宇宙貨物船ノストロモ号に乗る乗組員たちは、正体不明の信号を傍受します。信号をたどり、他の知的生命体の宇宙船のなかで、体内からなにか飛び出たような痕跡がある宇宙人の遺体を発見します。主人公のリプリーは、その信号が警告を発する信号だと解析します。, 宇宙人の船から帰還したクルーたちの一人がフェイスハガーにより寄生体を植え付けられ、それを剥がそうとしたためにその生命体が強酸のような体液を持つことが判明します。時間が流れてその乗組員の中から、チェストバスターが誕生し、エイリアンへと成長するなかで乗組員たちが次々に犠牲になります。, 命の危機が迫るなか、会社が秘密裏に乗組員よりも「生きているエイリアンの捕獲と回収」を最優先事項としていたこと。会社ははじめからエイリアンの捕獲と回収を目的として、乗組員を雇っていることを知ります。一人生き残ったリプリーは飼い猫のジョーンズと共に、宇宙貨物船ノストロモ号から脱出艇に乗って脱出し、貨物船をエイリアンもろとも自爆させるのでした。, シリーズ二作目の監督を務めたのは、「ランボー/怒りの脱出」の脚本や、「ターミネーター」「タイタニック」「アバター」など数々の大ヒット映画で有名なジェームズ・キャメロン監督です。ジェームズ・キャメロン監督は他にも原案と脚本も務めています。キャッチコピーは「今度は戦争だ」と題されている通り、無数に増殖したエイリアンと、兵器に身を固めた兵士との戦いを映画いたアクション映画として制作されました。, エイリアン1での唯一の生存者のリプリーは57年間宇宙空間を漂った末に、地球周回軌道付近の宙域で偶然発見されて、救助されます。ハイパースリープから目覚めたリプリーはは、57年の間に娘とは再開することなく死別した事実を知ります。, さらにはエイリアン1にて、狂暴なエイリアンと遭遇した惑星がテラフォーミングされており、20年前からすでに入植者が居住していることを知らされます。周囲にエイリアンがいると主張しても信じられることはなく、リプリーは倉庫従業員として働くことになります。, そうしているうちに、その惑星に暮らす入植者たちからの連絡が途絶えたことを知ります。調査のため植民地海兵隊が派遣されることになり、リプリーもその中の一人戦略アドバイザーとして誘われます。しかしリプリーは過去の恐怖からそれを断ろうとしますが、自らのトラウマに決着をつけるべきだとして、「エイリアンの研究や持ち帰りはせず、殲滅させるのみ」と条件をつけて調査隊に入ります。, ネタバレになりますが、そのコロニーでの生存者はニュートという少女一人のみでした。さらに入植者の体内に埋め込まれている発信機を調査した結果、捕らわれた入植者たちは惑星大気改造用の環境システム施設内にいることが判明します。しかしそこはエイリアンの巣窟となっていた場所出る。次々にエイリアンに襲われる中、ニュートと共に逃げ惑うリプリーですが、そのなかでエイリアンの殲滅を決意します。, エイリアンに襲われた混乱から環境システム施設の電気を生産する核融合冷却システムが故障し、4時間後に爆発することが判明します。そんななか、生存者たちのなかからリプリーとニュートが仮眠室で眠っていると、フェイスハガーによって襲われてしまいます。ネタバレになりますが、それは会社から派遣された人物による人為的なものでした。犯人を取り囲み、処刑しようとしたところで、エイリアンが大挙して襲来します。, 命からがら逃れた生存者たちは、エイリアンにあふれる惑星からスラコ号へと帰還します。ニュートを喪った娘のように思い絆を深め合うリプリーでしたが、しかしスラコ号へ向かう船に張り付いていたエイリアンクイーンが襲撃してきます。ラストバトルでは、リプリーはパワードスーツを身にまとい、エイリアンクイーンを宇宙空間に放逐します。そして地球へ還るために、冷凍睡眠につきます。, エイリアン3の監督を務めたのは、後々に「セブン」や「ファイトクラブ」で知られるデヴィッド・フィンチャーの初監督作品です。しかし出演俳優との諍いやトラブルが多発し、さらには最高額の製作費を投じたのにもかかわらず評価が芳しくなかったためデヴィッド監督は「新たに映画を撮るくらいなら大腸癌で死んだ方がましだ」と語り、一年半にわたって映画関係から遠ざかることがありました。, 今回の舞台となる場所は、いままでのように軍事施設からの物資がなく、全員が囚人のためにまともな武器を持ち合わせていません。よって、今までのようにエイリアンに対して武器を持って対抗するのとは違い、逃げ回ることが主になります。エイリアン1のようだと思わせつつ、犬の遺伝子を取り入れらエイリアンドッグから脱がれるなど、さらなる緊張感を演出しています。, 宇宙船スラコ号に謎の事故が発生して、冷凍睡眠したリプリーたちは宇宙の流刑惑星フィオリーナ161に墜落します。その際、共に生還したはずのニュートを含めた生存者たちはリプリー以外全員死亡してしまいます。あらすじの後のネタバレになりますが、「宇宙船スラコ号におこった謎の事故」は、宇宙船内に侵入していたフェイスハガーが原因でした。, 囚人の一人にフェイスハガーが取り憑き、そこから再び悪夢がはじまります。エイリアン2にて行動を共にしたアンドロイドの開発者と名乗る男性が現れ、リプリーの体内のクイーンを殺すと説明をします。ネタバレになりますが本当は、エイリアンを生物兵器として利用しようとしていた会社によって、エイリアンを持ち帰ろうとしていたのです。しかしリプリーは体内のエイリアンと共に溶鉱炉へと沈み、会社の目論見は失敗します。, リプリーが溶鉱炉に身を投げて200年が経過しました。リプリーを狙っていた会社は存在せず、しかし提携によってエイリアンの存在を知っていた軍は、リプリーが残した血液から彼女のクローンが作られました。, リプリーの体内から取り出されたエイリアンは実験施設の中で増殖して、管理されていました。リプリーも同じように研究対象に観察されていました。そのリプリーに異変が確認されます。なんと、わずか3日で手術痕が消えるほど再生能力が高く、以前のリプリーの記憶を一部持ち合わせており、学習能力も非常に高かったのです。エイリアンを取り出せば不要だったが、それが研究員の興味を引きます。, あらすじのネタバレになりますがクローンの再生では、リプリーとエイリアンのDNAが融合していたため、完全なエイリアンを取り出すことはかないませんでした。8体目のクローンで、人間とエイリアンとを別々に再生することに成功します。エイリアン4で活躍しているリプリーは、8体目のクローンなのです。, そうしているうちに、施設内で飼育されていたエイリアンは、仲間の1匹を犠牲にして、自らの腐食性の強い体液を利用して脱走します。リプリーの警告は虚しく施設は阿鼻叫喚の地獄絵図になります。リプリーはエイリアンを倒し、生存者を助けます。そのうちの一命は、リプリーの素性を知って、リプリーがエイリアンだと言い放ちます。そんななか施設に異常があったため、自動航行で施設は地球へ向かいつつあるのを知ります。, 施設内を移動しているなか、あらすじネタバレにもあったように、リプリーの過去のクローン体が保管されている部屋に行きつきます。そのなかで唯一生存していた7号からの懇願により、リプリーは彼女たちを火炎放射器で全てを焼き払います。さらに地球へ向かう施設を自爆させようとしますが、エネルギーの残量がなく、自爆をさせることができないことを知ります。, その後、リプリーはエイリアンに連れ去られ、エイリアンクイーンの元に連れてこられます。エイリアンクイーンはリプリーから取り出されたものです。人類のDNAを取り込んだエイリアンクイーンは、卵生から胎生へと変化を遂げて、新しい子供を誕生させようとしているところでした。, クイーンから生まれてきたのは、クイーンよりもより濃く人類の遺伝子を受け継いでいました。他の黒いエイリアンとはまるで違い、その頭部は人間の頭蓋骨のような形をしており、その皮膚は人間の様な乳白色をしています。さらに黄色かった血液は赤くなっておりました。そのエイリアンはニューボーンと名付けられていますので、これ以降はネタバレあらすじのなかでそのエイリアンのことをニューボーンと記入します。, 誕生したニューボーンは、エイリアンクイーンと対面します。しかしすぐさま自分を産んだエイリアンクイーンを殺害しだします。この暴挙は、まるで似ても似つかない外見からニューボーンはクイーンのことを同族だと認めていないことが理由だとファンサイトには書かれています。さらにニューボーンはリプリーを見つけて、慕うように長い舌で彼女を舐めます。ニューボーンにとってリプリーこそが仲間だったのです。, 多くの戦いを繰り広げ、エイリアンと人類のDNAが融合して生まれたクローンとしての杭脳を味わい、それでも生き残るために、そしてエイリアンを殲滅するために生存者たちとともに生き残りました。さらにニューボーンが誕生し、エイリアンクイーンよりもリプリーを仲間だと認識します。その後のラストまでの展開をネタバレを含めて解説します。, ニューボーンがリプリーを仲間だと認識したが、その残虐な生態は決してかわっていませんでした。そばにいた生存者をニューボーンは襲い殺します。その隙に逃げ出したリプリーは、ニューボーンが自分を仲間だと思っていることを知っています。しかし、それでも他のエイリアンと変わらない残虐な本性を目の当たりにしていたリプリーはニューボーンを生かしておいてはいけないと悟ります。, 脱出艇へと逃げたリプリーは、ニューボーンが追いかけて来たのを察知し、お一突かせるために近づいて来たニューボーンを抱きしめます。まるで子供に語り掛けるようにやさしく撫でて、話しかけます。ニューボーンは大人しく、リプリーの腕の中に納まります。リプリーは近くの小窓に、自分の血液をつけて腐食させます。穴が開いた小窓の外は真空の宇宙です。空気が勢いよくぬけていき、それにニューボーンがつい付けられます。, ニューボーンの体液が小窓の外へと排出され、さらには臓器がぬけていきます。苦しみからか喘ぐニューボーンを、わが子との離別の悲しみを味わいつつ見守ります。こうして、すべてが吸い出され、ニューボーンは絶命します。エイリアンを多数搭載した施設は大気圏に入る前に宇宙圏で爆発し、無事にすべてのエイリアンは地球にたどり着く前に処理することができます。そしてリプリーは生存者と共に脱出艇で地球へと向かうのです。, エイリアン4の通常版では、宇宙船から地球を見下ろす場面で、生存者は「これからどうなるの?」と心配げにリプリーに聞きます。リプリーは「さあ…私にとってははじめての星だわ」と答えます。このセリフは、リプリーのクローンとして、過去のリプリーを別人として完全に区別するセリフだと、印象に残っていると高く評価するファンがいます。, エイリアン1から出演し続けている彼女は、それまでは無名の女優でした。彼女がエイリアンに立ち向かう姿は、「女性は守られる存在である」という社会の印象を強く変化させます。同じような役割をしたのが「ターミネーター」に登場するサラ・コナーです。二人がシリーズのなかで男性のように働き、男性のように武器を持って凶悪な敵とに立ち向かう姿は、ハリウッド映画で闘うヒロイン像を確立したとして大衆に評価されています。, エイリアンシリーズ以外では「ワーキング・ガール」のキャサリン・パーカー役にてゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞、「愛は霧のかなたに」のダイアン・フォッシー役にてゴールデングローブ賞主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞、さらにはディズニー映画ので有名な「ファインディング・ドリー」には海洋生物研究所の女性アナウンスにて声の出演を果たしています。, エイリアン4では、エイリアン3のあらすじのネタバレで書いたように、ラストでリプリーは自らに宿ったエイリアンと共に溶鉱炉に沈みます。そのためエイリアンの続編が制作されると聞いて、出演オファーに対して難色を示していました。しかし、クローンで復活するリプリーの存在とあらすじを高い評価をして、エイリアン4のリプリー役としての出演を承諾します。, エイリアン4の作中に、エイリアンのDNAが混じって驚異的な身体能力を有するようになったリプリーを表すために、バスケットボールに背を向けたまま超ロングシュートを決めるシーンがあります。このシーンは決してCGや特撮ではなく、シガニー・ウィーパー自身がNGなしで1テイクで決めた本物のシュートなのです。様子を見ていた共演者や現場スタッフが思わず拍手喝采したため「編集でそれを隠すのが大変だった」と語っています。, リプリーと対を成すもう一人の主人公として活躍します。あらすじのネタバレでも語った通り、宇宙貨物船「ベティ」の新米クルーである技師として名乗っていましたが、実はエイリアンに寄生されているリプリー抹殺のためにオーリガに乗り込んだことが明らになります。そんな彼ですが、リプリーと協力をして脱出をします。さらなるネタバレで、彼はリプリーと同じく人類外、アンドロイドだと明かされます。, そのような複雑な役を演じたウィノナ・ライダーは、アメリカ合衆国 ミネソタ州ウィノナ出身の女優です。エイリアン4の他にも、「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事」ではメイ・ウェルランド役でゴールデングローブ賞助演女優賞受賞とアカデミー助演女優賞ノミネートと英国アカデミー賞助演女優賞ノミネートと、三つの賞のノミネートされています。, エイリアン4の完全版はエイリアン4の通常版と違い、多くの映像がさらに収録されています。オープニングでは、通常版ではリプリーがクローンとして復活する場面を直接描くことなく、徐々に明かされるようになっていました。しかしエイリアン4の完全版では、最初にリプリーがクローンとして蘇る工程や物語が描かれています。, エイリアン4の通常版のラストでは、リプリーたちが宇宙船から地球を見下ろしながら。他の生存者に「これからどうするの?」と問いかけられ、リプリーが「分からない…地球は初めてだもの」と返してエンドロールになります。しかし、完全版ではさらに追加の映像があり、ラストの会話がされている場所も違います。, 完全版では、リプリーたちは地球へと降り立ちます。これまで地球のことが話しに出た時、総じて酷評されていた地球です。その光景は荒れ果てていました。人々は地球を見捨てて他の星へと移住していったのです。そんな地球のパリに立つ生存者とリプリーたちは、リプリーがその特異な遺伝子を持つことから軍に追われていることを心配していると告げます。それにリプリーが「分からない…地球は初めてだもの」と返すラストです。, 密閉空間で自分には及ばない力を持つ強者から追われ続け、数々の仲間を犠牲にして脱出をするホラーを題材にした作品の中で、これほど多くの人々に愛されて、なおかつ派生も含めた多くのシリーズで愛され続ける作品は少ないです。この評価は、エイリアン4になっても、いまなお真新しい恐怖を演出し続けるSFホラーシリーズにとって、最高の評価です。, エイリアンの過去作品は、もちろんチェストバスターが飛び出し血しぶきが飛び散るなどのショッキングなシーンがありました。しかしエイリアン4では、頭蓋骨を割られて頭を食べられるシーンや、内臓といった、これまでに描かれなかったグロテスクな映像も使われた作品でした。そのためにこういった評価もあります。, 評価の中にはエイリアンシリーズのファンが多いです。エイリアン1からエイリアン4まで楽しんできた人たちでも、古臭くなく十分に楽しめたといった評価が多いです。特にエイリアンと人間とのハイブリッドであるニューボーンとリプリーという、同じ存在が出会い、そしてリプリーが一時的にでも心を通わせた描写があったにもかかわらず、その生態の危険性から殺さなければならないと決断した流れが高評価に繋がりました。, エイリアン4で復活したリプリーは、道中でエイリアンと自分が融合したこれまでのクローンリプリーを目にしています。そして実験で消費された彼女たちを命を絶つことで救済します。しかしニューボーンは、殺意をもって断腸の思いでその命を絶ちます。こうして苦難を乗り越えたリプリーも、彼女らと同じ人間とエイリアンのハイブリッドなのです。, エイリアン4のラストに地球へ降り立ったリプリーに、他の生存者が軍からリプリーが狙われていることを告げます。生存者はリプリーのことを仲間である人間として話しかけています。しかし、軍にとっては、リプリーはエイリアンであり、利用価値があるものなのです。そのことからこの評価がついたのでしょう。, エイリアン4のラストでリプリーが述べた台詞が、エイリアン4の評価の中で多く触れられていました。戦ってきたリプリーは地球と星を往復する宇宙貨物船の乗組員でした。もちろんそれまでの記憶を継承しているリプリークローンもその記憶の一部をもっています。しかしクローン体であるエイリアン4で活躍するリプリーと自分がまったくの別人だと示唆する言葉だと、価格評価するファンが多いです。, そのうえ、リプリーがエイリアン1で地球に帰還しようとしていた年代からエイリアン4の年代まで、最低でも250年以上が経過しています。エイリアン4の作中では、地球に行くなど嫌だと評価されており、さらにはエイリアン4完全版にて荒廃したフランスが描かれている通りに、かつてのリプリーが見た地球とは様相が変化しています。そのことにも関して述べた台詞かもしれないといった考察もありました。, エイリアンシリーズのこれまでのあらすじを説明して、エイリアン4のラストまでをネタバレも交えて紹介したうえで、エイリアン4の通常版と完全版の違いや、エイリアン4を見た人々の評価を紹介しました。この記事で紹介した評価は、古くから続くエイリアンシリーズを支える人々の称賛の声はほんの一部です。, リプリーの自らの血が混じる、子供のような存在と束の間の解魂を遂げたのち、その残酷な生態と巨大すぎる危険性から、殺されたニューボーンの切なく壮絶なラストをぜひ見てください。できるなら、エイリアン1から脈々と続く恐怖と、美しく戦うリプリーの姿をはじめからラストまで応援してください。, エイリアン4のあらすじ・結末をネタバレ!ラストやストーリーの評価は?のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, 映画『エイリアン:コヴェナント』オフィシャルサイト。2017年12月13日(水)先行デジタル配信。2018年1月10日(水)ブルーレイ&DVDリリース。『オデッセイ』『プロメテウス』のリドリー・スコット監督が描くSFパニック・ホラー——史上最凶のクリーチャーが産まれる!, 映画『エイリアン:コヴェナント』オフィシャルサイト| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント. そしてラスト、地球へ潜入に成功したリプリー。彼女は純なコール(ロボット)を騙しとおし「あなたが地球を救ったのよ」などと煽てて見せる。だが、その彼女クローンリプ...エイリアン4 4はエイリアンが複数登場してどんどん殺していくんですけど、銃で結構撃つので個人的には楽しめた。 後、最後に地球に帰った時は感動した~ H&M さんのレビュー -2010/10/18 -DVD/CDレンタル エイリアンという地球外生物は正にアメリカ的発想による異星人であり、人体に寄生して繁殖するのですが、地球上における事実上の支配者になったアメリカ合衆国という国家が人体に寄生するウィルスを最終的な敵として見ている視線を感じます。 ufoなんて必要ない!異星に行くためのアストラルトラベルは ダマヌールの基礎教養! ★ピクシーン>; 洋画>; エイリアンシリーズ>. 地球の物理学を超えたテクノロジーで、 エイリアンたちとコミュニケーションを重ねてきた、 世界観に魅了される!鬼才ティム・バートン監督映画おすすめTOP19を年間約100作品を楽しむ筆者が紹介!, 個性派人気モデル兼女優!カーラ・デルヴィーニュ出演おすすめ映画TOP8を年間約100作品を楽しむ筆者が紹介!. エイリアン(1979)の映画情報。評価レビュー 1672件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:トム・スケリット 他。 地球への帰途についていた宇宙貨物船ノストロモ号は、謎の救難信号を受けて未知の惑星に降り立つ。そこには異星人の船があり、船内には無数の奇怪な卵が存在していた。 エイリアン4のあらすじ・結末をネタバレ!ラストやストーリーの評価は? 1979年の公開時から多くの熱狂的ファンに支えられて、エイリアン1~エイリアン4までシリーズ化され、さらにはプレデターなどの地球外生命体同士の超人気作品とのコラボレーションまで実現化されました。 「エイリアン3」の最後でリプリーとその体内のエイリアンは死んだはずなのに、「エイリアン4」では、生きて登場します。これについて、質問です。質問1: 「エイリアン4」のリプリーは、死んだリプリーの血液を利用した作ったクロー 先日、DVD「エイリアンアルティメットコレクション」に収録されている「エイリアン4完全版」を観ました。DVD-BOXとしてエイリアンシリーズ4作品をディレクターズカットや完全版として収録し、音声も全作dts仕様、それぞれのメイキングディスクとボーナスディスクで全9枚組。 これ以上、人類の自殺行為を見ていられない。エイリアンと人間のハーフとして創り出されたリプリー8号。彼女は人類にとって敵か味方か。「エイリアン4」 ジャン・ピエ… ①リプリーの死後200年を経て連合軍の宇宙船でリプリーのクローンが作られた。軍はエイリアンを取り出して研究に回し、取り出した後のリプリーも研究対象に。貨物船ベティ号のクルー・コールはリプリー暗殺のために寄港したが、エイリアンがすでに復活したことを知る。②コールはリプリー抹殺を指令されたアンドロイド。学習したエイリアンは研究施設を脱走し、宇宙船オリガ号の人間を殺していく。また新世代ニューボ… 改めてエイリアンについて調べてみたわけですが、「地球が現在どういった状態になっているのか。 」という情報があまりないですね。 『エイリアン4』で乗組員が「あんなクソみたいなところ行きたくね … エイリアンを自分の体に宿らせ共存する! 人気シリーズの4作目。原題の「Resurrection」は「復活」を意味しており、前作『エイリアン3』のラストで自決したはずのリプリーとエイリアンの復活、完結したと思われたシリーズの復活の両方を表している今作は、監督に『 デリカテッセン? 本作ではラストネームのみの表記。 ... 船ベティ号の乗組員たちと共に戦い、そしてエイリアンに占拠された船内から脱出し、地球へと向かう。 (エイリアン4) ... cinefx18『エイリアン4』トイズプレ … ②コールはリプリー抹殺を指令されたアンドロイド。学習したエイリアンは研究施設を脱走し、宇宙船オリガ号の人間を殺していく。また新世代ニューボーンが誕生したが、地球に持ち込むのをよしとしなかったリプリーが殺した。, 西暦2087年に宇宙貨物船ノストロモ号は謎の信号を受け、小惑星に降り立ちます。ところがその際、乗員の1人・ケインの顔に未知の生命体(エイリアン)が張りつき、卵を生みつけました。ケインの胸を突き破って生まれたエイリアンは体長3mを超す大物で、しかも体液は強酸です。攻撃性も高く、付け入る隙のない、「完全生物」でした。, エイリアンを退治しようとした乗員は次々に犠牲になり、唯一生き残ったリプリーはエイリアンを船外に射出し、オスのトラ猫・ジョーンズと一緒にコールドスリープにつきました(『エイリアン』参照)…。, その後リプリーの乗った船は漂流を続け、西暦2144年、実に57年ぶりにサルベージ船に回収されます。リプリーはLV426にエイリアンがいたことを訴えますが、すでに20年前から移住民が住んでいました。その矢先、LV426との連絡が途絶えます。, 宇宙海兵隊と同行したリプリーはエイリアンを倒し、アンドロイドのビショップ、ヒックス伍長、移住民の唯一の生き残りの少女・ニュートと再びコールドスリープにつきました(『エイリアン2』参照)…。, ところが西暦2155年、スラコ号でエイリアンによる火災が発生し、リプリーらは非常脱出機で射出されます。生き残ったのはリプリーのみで、しかもリプリーにはクイーンの幼生が産み付けられていました。, もう1匹孵化していたフェイスハガーが捜索隊の犬に寄生しました。囚人惑星・フューリーで生まれた四つ足のエイリアンが次々に人を殺していきます。, それを退治したリプリーは、本社の調査団の目の前で溶鉱炉へ投身自殺を図りました(『エイリアン3』参照)…。, その頃になると、リプリーの勤務していた植民地開発事業の大手会社ウェイランド・ユタニ社は存在しません。しかしウェイランド・ユタニ社は軍と契約を結んでいたため、リプリーの情報は連合軍が握っていました。, USM(連合軍)の医療研究用宇宙船・オリガ号は乗組員が軍籍者42名、研究員7名からなるものです。, そこでは200年前にフューリー刑務所の溶鉱炉に身を投げて死んだ、エレン・リプリー中尉の血液を採取し、クローン技術を駆使して再生を図っていました。, 研究は被験者8体目にして成功し、リプリーの胸からエイリアン・クイーンを取り出します。研究者たちにとって大事なのはエイリアン・クイーンで、取り出した後のリプリーはいわば不要品だったのですが、生体機能が良好なので実験のために生かしておくことにしました。, そのリプリーですが、わずか3日で手術痕が殆ど消えるほど治癒力が高く、一部壊れているものの前世の記憶もあり、非常に興味深い研究対象となります。エイリアンの遺伝子が混ざっているため、血液は強酸性で、運動能力も高いものでした。, 最初は全くの白紙の状態でしたが、リプリーは学習能力も高く、すぐに順応します。肘裏に8という数字が印字されているのを不思議に思いながらも、深く考えません。, エイリアンを復活させる目的は、有事の際の隠し武器としてだけでなく、新しい合金やワクチンの開発のため…とされていますが、それは非常に危険を伴うものだと、学習したリプリーは「どうせみんな殺される」と言います。, ・エルジン…ベティ号の船長の男性。運んできた物体の正体は知っているが、軍の目的は知らされていない。オリガ号の船長・ペレズ将軍とは親しい付き合い。. エイリアンは1979年に公開されたアメリカ映画。 ... ウェイランド湯谷社所有の恒星間宇宙貨物船ノストロモ号は、他恒星系から地球へ帰還する途中、救命信号と思われる謎の信号を受信しlv-426と呼称される名もなき未知の惑星に着陸することになる。 エイリアンの同種とみなし記述する。 リプリー1-7 『エイリアン4』までに登場し、その最後で自決したエレン・リプリーのdna クローン。『3』から200年後の2470年、軍の実験宇宙船「オーリガ」でフューリーに残っていた血液から再生された。 個人的にはラストで地球が描かれた事が非常に興味深かった。「4」の続編「5」を作るとなれば様々なシチュエーションが(または「2」をスケールアップさせた作品が)描けた事だろう…「3」とは違って。その可能性は潰えたようだが。 人間はみな違う星から来たエイリアン! 以前にレビューを書いたエイリアンシリーズ。最初の4作品から新しい3作品(1つはまだ制作が発表された段階ですが)それにavpなどの派生作品を一気にまとめてみようと思います。 エイリアン4の紹介:1997年のアメリカ映画。シリーズ第4作。原題「Resurrection」は「復活」を意味し、前作『エイリアン3』のラストで自決したはずのリプリーとエイリアンの復活、完結したと思われたシリーズの復活の両方を表している。, エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)、アナリー・コール(ウィノナ・ライダー)、ジョーナー(ロン・パールマン)、ブリース(ドミニク・ピノン)、マーティン・ベレス将軍(ダン・ヘダヤ)、クリスティー(ゲイリー・ドゥーダン)、ラリー・パーヴィス(リーランド・オーサー), ①リプリーの死後200年を経て連合軍の宇宙船でリプリーのクローンが作られた。軍はエイリアンを取り出して研究に回し、取り出した後のリプリーも研究対象に。貨物船ベティ号のクルー・コールはリプリー暗殺のために寄港したが、エイリアンがすでに復活したことを知る。 死んだら繰り返す能力をゲット。 エイリアンの襲撃。 しかし、彼らは圧勝している。 それは強いからではなく、未来を知っているかのように行動しているから。 あるギタイと呼ばれるエイリアンを倒して体液を被ったらタイムループする能力を得た主人公。 そこから死んで繰り返し、死んで繰り返し、死んで繰り返し。 エイリアンの動きが奇妙で怖いし、タイムループの能力持ってたら最強じゃん。 『エイリアン4(alien:resurrection)』は1997年に公開されたアメリカ映画。 sfホラー映画『エイリアン』シリーズの第4弾である。 監督はフランス出身で『デリカテッセン』、『アメリ』のジャン・ピエール … クローンで甦ったリプリーは、エイリアンを積んだ宇宙船が地球に着く前に、すべてのエイリアンを絶滅させないといけない。タイムリミットは3時間である。 sf映画史の流れを変えた『エイリアン』シリーズの第4弾である。