★日経ソーシャルビジネスコンテスト 最終審査会 開催★ 第3回日経ソーシャルビジネスコンテストの最終審査会を、2020年1月11日(土)に開催します。359件の応募の中から選ばれたファイナリスト15組がプレゼンテーションを行います! 第2回日経ソーシャルビジネスコンテストを終えて (3)パネルティスカッション コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。 会社の魂を込めた歌、社歌。そんな社歌を、それぞれの会社らしさが出るよう、好きなように歌い、好きなように撮影した動画を募集します。御社の魅力が詰まった社歌を心よりお待ちしております。 日本経済新聞社は、様々な社会的課題をビジネスの手法で解決する“ソーシャルビジネス”の優れたアイデアを表彰する第2回「日経ソーシャルビジネスコンテスト」の表彰式と記念シンポジウムを3月2日(土)にbase q(東京ミッドタウン日比谷6階)にて・・・ ソーシャルビジネスの健全な発展と一層の理解促進を目指し、同分野にチャレンジするプレーヤーを増やすため「日経ソーシャルビジネスコンテスト」を実施します。 今年度の応募テーマは「海外支援」「 … 第4回 日経ソーシャルビジネスコンテスト MeetUPイベントレポート 2020年9月2日 【7月10日発売】横田の最新著書「SDGsの本質:企業家と金融によるサステナビリティの追求」 2020年7月7日 日経ソーシャルビジネスコンテストの関連イベントとして、全5回のオンラインMeetUPイベントを開催。「ウィズコロナ」をキーワードに、SDGs、地域課題、教育、グローバルなど様々な視点での議論をZoomウェビナーにてライブ配信します。ソーシャルビジネスやSDGsビジネスに興味がある方必見です… 日本経済新聞社は、様々な社会的課題をビジネスの手法で解決する“ソーシャルビジネス”の優れたアイデアを表彰する第1回「日経ソーシャルビジネスコンテスト」の表彰式と記念シンポジウムを3月3日(土)に日経ホールで開催します。. (b)新規に取り組もうとしているソーシャルビジネスのアイデア ※以下の三つの要件を満たしている事業を対象とする (1)社会性:社会的課題の解決を事業のミッションとしたアイデア 日本経済新聞社は、様々な社会的課題をビジネスの手法で解決する“ソーシャルビジネス”の優れたアイデアを表彰する第1回「日経ソーシャルビジネスコンテスト」の表彰式と記念シンポジウムを3月3日(土)に日経ホールで開催します。 日本経済新聞社のプレスリリース(2019年12月6日 17時05分)第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト 最終審査会を開催 4. 日経ソーシャルビジネスコンテストの関連催事として、計5回のオンラインMeetUPイベントを開催。 「ウィズコロナ」をキーワードに、SDGs、地域課題、教育、グローバルなど様々な視点における議論をZoomウェビナーにてライブ配信しました。 1. 日経ソーシャルビジネスコンテストの関連イベントとして、全5回のオンラインMeetUPイベントを開催。「ウィズコロナ」をキーワードに、SDGs、地域課題、教育、グローバルなど様々な視点での議論をZoomウェビナーにてライブ配信します。ソーシャルビジネスやSDGsビジネスに興味がある方必見です… 1. 第1回 SDGsクリエイティブアワード . 日経ソーシャルビジネスコンテスト事務局 mail : nsbc@nex.nikkei.co.jp. ャルビジネスコンテスト」HPオープンしました, ※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくかこちらのリンクをクリックしてください。. 第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト 表彰式・記念シンポジウム. 1. 2020/01/06 10:00. 「第2回日経ソーシャルビジネスコンテスト」が現在進行中だ。審査員の1人、更家悠介氏が社長を務めるサラヤは、ソーシャルビジネスのトップランナー企業。「第1回ジャパンSDGsアワード」受賞したことや昨年の取り組みを振り返るとともに、今後の展望を取… 日経ソーシャルビジネスコンテスト事務局 (株式会社横田アソシエイツ内) 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-11-2 二葉ビル2階B室 E-mail:nsbc@nex.nikkei.co.jp 関連リンク. 名称:第1回大和魂ビジネスコンテスト ファイナル日程:2021年10月27日(水) 応募期間:2020年11月17日(火)~2021年3月31日(水) 第2回日経ソーシャルビジネスコンテストを終えて (1)受賞者紹介 第2回日経ソーシャルビジネスコンテストは、東京ミッドタウン日比谷6階のbase qで開催した3月2日(土)の表彰式・記念シンポジウムを以て終了しました。同イベントと受賞者… 表彰式では、数多くの応募の中から選ばれた受賞団体を表彰します。. 日本経済新聞社のプレスリリース(2020年2月14日 16時00分)[第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト] 表彰式・記念シンポジウムを開催 東京都tokyo startup gateway最優秀賞(2014)/人間力大賞受賞(2016)/forbes japan「世界で戦う日本の女性55人」選出(2017)/第1回日経ソーシャルビジネスコンテスト海外支援賞(2018)など 公式ホームページ. 概要. 第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト 表彰式・記念シンポジウム. 第一回松下幸之助杯スピーチコンテストで最優秀賞獲得! 24. 結果発表. 日経ソーシャルビジネスコンテストの関連イベントとして、全5回のオンラインMeetUPイベントを開催。「ウィズコロナ」をキーワードに、SDGs、地域課題、教育、グローバルなど様々な視点での議論をZoomウェビナーにてライブ配信します。ソーシャルビジネスやSDGsビジネスに興味がある方必見です… 新型コロナの感染拡大を受けて、2020年3月から延期しました第3回日経ソーシャルビジネスコンテストの表彰式/記念シンポジウムをオンラインで実施いたします。 これまでの産業構造や、社会のありかたが大きく揺さぶられた新型コロナウイルスによる感染・・・ 2020/11/11 10:00. みなさん、こんにちは。プロボノの杉山です。 第1回日経ソーシャルビジネスコンテストで「海外支援賞」を受賞いたしました! ご支援、サポート頂いた皆さま、本当にありがとうございました。 2018年3月3日、日経ホールにて開催された第1回日経ソーシャルビジネスコンテスト表彰式に参加して参りましたので、その概要・結果、表彰式の様子、また同時開催されていたパネルディスカッションの様子とそこで感じたことをご報告します。, 日経ソーシャルビジネスコンテストは、日本経済新聞社が前身の日経ソーシャルイニシアチブ大賞を一新して開催されたビジネスコンテストであり、今回が記念すべき第1回目です。近年、世界的に注目を集めているESG(環境、社会、企業統治)投資、社会課題解決といった分野に挑戦するプレーヤーを盛り上げる目的で実施されています。応募テーマは海外支援と地方創生で、優勝賞金は各部門それぞれ100万円ずつです。 ファイナリストには合計12団体が選出されておりましたが、各団体とも着眼点の鋭さやモデルの斬新さ・面白さが際立っておりました。 そのような強敵がひしめく中、我々AfriMedico(アフリメディコ)は栄えある第1回コンテストで、海外支援賞を受賞することが出来ました! 地方創生賞は株式会社コラボプラネット様が、またその他に特別賞として一般社団法人キャンサーペアレンツ様が選ばれておりました。, 受賞者発表前にファイナリストの前12団体から団体紹介プレゼンがありました。皆さんの熱量あふれるプレゼンを聞きながら、改めて、こんなにたくさん「世の中を良くしたい!」と強く思う人がいることに気づかされ、世の中に希望が持てる嬉しさと、我々も負けてはいられないと奮い立つ気持ちが混在した何とも表現しがたい感情が湧き出しました。 こうやって新しい選択肢が次々と世の中に提供されていくというのは本当に素晴らしいことです。, 今回の表彰式は前半にパネルディスカッションがありました。主要な議論テーマは、「ソーシャルビジネスの定義とは?」、「ソーシャルビジネスの今後の方向性は?」でした。 皆さんはどうお考えですか? はじめに話されたのは「基本的にすべてのビジネスが何らかの社会的課題を解決し、その対価として収益を得ている。そういった意味ではすべてがソーシャルビジネスである。」という点でした。ビジネスとソーシャルビジネスの間に明確な境目はなく、持続可能性を意識した場合、ともに「社会的課題の解決」と「収益性」の両面を追う必要があるということです。二宮尊徳の言葉を借りれば、「道徳なき経済は犯罪、経済なき道徳は寝言」でしょうか。 パネリストとして参加されていた著名投資家の藤野英人さんによると、長期的なパフォーマンスの良さからESG投資の視点は「寝言」ではなく必要なこととなってきているようでした。 経済学者のトマ・ピケティ氏が広範な分析に基づき証明した「r>g」、これが正しいのかどうかについての議論は専門家の皆さまに任せるとしても、実感として資本主義システムの欠陥や限界については多くの人が感じているところではないでしょうか。一方で資本主義システムに替わる有用な社会システムがないというのも事実だと思います。もしかしたら、「社会的課題の解決」と「収益性」の双方が持続可能性の大前提となり、ビジネスとソーシャルビジネスの境目がなくなったとき(ソーシャルビジネスという言葉が消えたとき)が、資本主義を超えた新たな社会システムが完成するときなのかもしれない、なんてことを考えながら皆さまのディスカッションを聞いておりました。 地方創生で自らも様々な実績を残されてきたパネリストの井上貴至さん(愛媛県 市町振興課長)の、「ソーシャルビジネスってダサくないですか?」という問いかけ、「ソーシャルビジネスに関わる人間」にとって心に突き刺さる問です。「(資本主義では解決できなかった)社会的課題を解決しているのだから、儲からなくたってしょうがない」と、どこかで思ってしまっている、或いは社会からのそのような考えに甘えている部分があるのかもしれません。 AfriMedicoも新たな社会システムの構築に僅かながらでも貢献できるよう、「寝言」にならないよう邁進していかねば、と再認識した一日でした。. リンクルージョンは「途上国市場」と「企業」をつなげ、低所得や貧困の中で暮らす人々が排除されることのない、あらゆる人をつつみこむ世界を創ります。 Linklusion Ltd. creats a world inclusive of all people living in poverty. 結果発表. 今、世界には様々な社会問題が溢れています。「社会問題の解決のために持続可能な事業を展開すること」を、「ソーシャルビジネス」といいます。今回は、日本経済新聞社が毎年開催しているソーシャルビジネスコンテストの受賞団体の取り組みを紹介します。 日本経済新聞社は社会課題の解決をめざす優れたビジネスアイデアを表彰する「第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト」の表彰式・シンポジウムを7月11日、オンラインで開催、「日経チャンネル」で無料ライブ配信します。 日時 7月11日(土)午後1時~3時 BASE Q ホール (東京ミッドタウン日比谷 6F, 1丁目1−2, 千代田区有楽町, 東京都, 100-0006, Japan) [主催] 日本経済新聞社 日経ソーシャルビジネスコンテストの関連イベントとして、全5回のオンラインMeetUPイベントを開催。「ウィズコロナ」をキーワードに、SDGs、地域課題、教育、グローバルなど様々な視点での議論をZoomウェビナーにてライブ配信します。ソーシャルビジネスやSDGsビジネスに興味がある方必見です… 第一回松下幸之助杯スピーチコンテストで最優秀賞獲得! 24. 日経ソーシャルビジネスコンテスト最終審査会に出場します! 14 Write a comment. AfriMedico. 4 日経ソーシャルビジネスコンテストの関連催事として、計5回のオンラインMeetUPイベントを開催します! 「ウィズコロナ」をキーワードに、SDGs、地域課題、教育、グローバルなど様々な視点における議論をZoomウェビナーによるライブ配信です! 新型コロナの感染拡大を受けて、2020年3月から延期しました第3回日経ソーシャルビジネスコンテストの表彰式/記念シンポジウムをオンラインで実施いたします。 これまでの産業構造や、社会のありかたが大きく揺さぶられた新型コロナウイルスによる感染・・・ © Copyright. 第2回日経ソーシャルビジネスコンテストを終えて (1)受賞者紹介 第2回日経ソーシャルビジネスコンテストは、東京ミッドタウン日比谷6階のbase qで開催した3月2日(土)の表彰式・記念シンポジウムを以て終了しました。同イベントと受賞者… 日本経済新聞社は社会課題の解決をめざす優れたビジネスアイデアを表彰する「第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト」の表彰式・シンポジウムを7月11日、オンラインで開催、「日経チャンネル」で無料ライブ配信します。 日時 7月11日(土)午後1時~3時 第2回日経ソーシャルビジネスコンテストが始まった。今年はSDGsをテーマに開催され、17のゴールのどれか、または複数をビジネスで解決するアイディアを募集 … 1. UNDPコンテストで審査員特別賞受賞&松下幸之助杯スピーチコンテスト出場! 27. SDGs; 関連記事. 日本経済新聞社では、第4回「日経ソーシャルビジネスコンテスト」の開催にあたり企画提案を募集しています。大賞受賞者には賞金100万円が贈呈されます。2020年9月6日締切。 日経ソーシャルビジネスコンテスト表彰式/ 記念シンポジウム「ニューノーマル時代のsdgsとソーシャルビジネス」 新型コロナの感染拡大を受けて、2020年3月から延期しました第3回日経ソーシャルビジネスコンテストの表彰式/記念シンポジウムをオンラインで実施いたします。 第2回日経ソーシャルビジネスコンテストを終えて (3)パネルティスカッション コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。 第2回ソーシャルビジネスを終えて、の投稿も残り1回です。次回は、表彰式当日に開催した記念シンポジウムについて更新します!(事務局) 《第2回ファイナリスト一覧はこちら》 名称:第1回大和魂ビジネスコンテスト ファイナル日程:2021年10月27日(水) 応募期間:2020年11月17日(火)~2021年3月31日(水) 第1回日経ソーシャルビジネスコンテストにおいて特別賞を受賞した西口さん。2015年2月35歳のときにステージ4の胆管がんが見つかった。5年相対生存率は2.9%という厳しい病気だ。 当コンテストでは、ソーシャルビジネスの健全な発展と一層の理解促進及びSDGsの普及、促進のため、SDGsの17の開発目標のうちのいずれかを解決するアイデア、ビジネスモデルを募集します。 募 … 概要. 日本経済新聞社は、ソーシャルビジネスの健全な発展と一層の理解促進を目指し、同分野にチャレンジするプレーヤーを増やすため「日経ソーシャルビジネスコンテスト」を実施します。 本コンテストも今回で4回目の開催となりました。第1回開催時と比較して、SDGs解決に向けた取り組みが加速しており、ソーシャルビジネスの裾野も広がってきました。 第2回日経ソーシャルビジネスコンテストが始まった。今年はSDGsをテーマに開催され、17のゴールのどれか、または複数をビジネスで解決するアイディアを募集 … 第4回日経ソーシャルビジネスコンテスト 表彰内容 今年度の応募テーマは「SDGs」です。 <SDGs:持続可能な17の開発目標>から、応募事業で達成を目指す項目を選択いただき(複数選択可)、必要項目を記載のうえご応募ください。 日本経済新聞社のプレスリリース(2019年12月6日 17時05分)第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト 最終審査会を開催 第4回日経ソーシャルビジネスコンテスト 表彰内容 今年度の応募テーマは「SDGs」です。 <SDGs:持続可能な17の開発目標>から、応募事業で達成を目指す項目を選択いただき(複数選択可)、必要項目を記載のうえご応募ください。 第2回 SDGsクリエイティブアワード . ★日経ソーシャルビジネスコンテスト 最終審査会 開催★ 第3回日経ソーシャルビジネスコンテストの最終審査会を、2020年1月11日(土)に開催します。359件の応募の中から選ばれたファイナリスト15組がプレゼンテーションを行います! 日本経済新聞社のプレスリリース(2020年2月14日 16時00分)[第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト] 表彰式・記念シンポジウムを開催 1. 「第2回日経ソーシャルビジネスコンテスト」が現在進行中だ。審査員の1人、更家悠介氏が社長を務めるサラヤは、ソーシャルビジネスのトップランナー企業。「第1回ジャパンSDGsアワード」受賞したことや昨年の取り組みを振り返るとともに、今後の展望を取… 記念シンポジウムは二部構成です。. 日本経済新聞社は、様々な社会的課題をビジネスの手法で解決する“ソーシャルビジネス”の優れたアイデアを表彰する第2回「日経ソーシャルビジネスコンテスト」の表彰式と記念シンポジウムを3月2日(土)にbase q(東京ミッドタウン日比谷6階)にて・・・ 日本経済新聞社が主催する「第3回「日経ソーシャルビジネスコンテスト」」の情報です。

環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行う「ESG投資」が世… 4. 2018年3月3日、日経ホールにて開催された第1回日経ソーシャルビジネスコンテスト表彰式に参加して参りましたので、その概要・結果、表彰式の様子、また同時開催されていたパネルディスカッションの様子とそこで感じたことをご報告します。 All rights reserved. 日経ソーシャルビジネスコンテスト最終審査会に出場します! 14 Write a comment. BASE Q ホール (東京ミッドタウン日比谷 6F, 1丁目1−2, 千代田区有楽町, 東京都, 100-0006, Japan) [主催] 日本経済新聞社