【ソニー損保公式】駐車場内の通路を走る四輪車と、駐車スペースに入ろうとする四輪車が接触してしまった場合の過失割合を解説します。その他、様々なケースで交通事故の過失割合を掲載しています。 駐車場には人も歩いているということを忘れてはなりません。特にスーパーやレストランなどの駐車場では、車から降りた、あるいは車に向かう子供や高齢者も歩いています。従って、重大な人身事故につながる可能性が常に潜んでいるといえます。 意外に多い駐車場での自動車事故。道路外の私有地である駐車場での事故と自動車保険の関係について、整理しておきましょう。プロのアドバイスが満載!自動車保険の一括見積もり【保険スクエアbang! { 【事例】駐車場から左折で道路に出ようとした車と道路を直進する自転車との事故. "@id": "/koutsujiko/", "@type": "ListItem", 重点 自転車の交通事故防止 二輪車の単独事故が増えています。 交差点やカーブの手前では、十分に速度を落とし、安全走行を心がけましょう。 車の間のすり抜けや無理な追い越しは大変危険なので、絶対にやめましょう。 交通事故死者数は近年減少傾向である一方、自転車乗車中の死者数の占める割合は増加傾向にあります。 過去10年間では、自転車関連事故の件数が5割減少したことに対し、自転車対歩行者の事故は約1割の減少となっています。 “_‚Å‚Ì’¼iŽÔ“¯Žm‚ÌŽ–ŒÌ, Ž©“®ŽÔ•ÛŒ¯i”CˆÓ•ÛŒ¯j‚Ŏ󂯎æ‚Á‚½•ÛŒ¯‹à‚ɐŋà‚Í‚©‚©‚é‚́H, Ž©“®ŽÔ•ÛŒ¯—¿‚́A”N––’²®‚̍Tœ‘ΏۂɂȂé‚́H. }, { { 道路外出入車と直進車の事故の基本過失割合は、直進車:道路外出入車=20:80となりますが、事故態様によって過失割合が修正される可能性があります。交通事故専門の弁護士が回答します。基本的には、道路外出入車の過失割合が大きくなる傾向にあります。 コインパーキングや飲食店、コンビニ、民家などの駐車場内は、私有地扱いになります。道路交通法は基本的には公道についての法律のため、駐車場内の事故では適用されず、警察が対処できないケースもあるようです。 ただし、「不特定多数のものが自由に行きかうことができる場所」は道路交通法が適用されることもあるため、ほとんどの駐車場内で発生した事故は警察に届け出る義務があります。 警察に届け出をしていない … "item": 駐車場内の事故は、そもそも「交通事故」では無い などと言われたりしますが、どういうことなのでしょうか? セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」の事故対応サービス、お支払い事例紹介、駐車場から出るときに、走行中の相手の車にぶつけてしまったケースのご紹介です。 車両事故は道路で発生するイメージがあるかもしれませんが、一般社団法人日本損害保険協会東北支部「東北6県の車両事故実態に関するモニタリング調査(2016年1月~12月)」によると、車両事故のうち、26.2%が駐車場内で発生しています。 "item": 車が集まる駐車場内では、お客様同士の車がぶつかったり、壁や柱などに車がぶつかったり、別のお客様を轢いてしまったりと、さまざまな事故が発生する可能性があります。さらに、車上荒らしなどの犯罪が起こる可能性もゼロではありません。 駐車場内に、「駐車場内のあらゆる事故・事件の責任は負いかねます」という看板を立てている店舗も多いのではないでしょうか。そうした看板は原則として法的効力を持ちませんが、事故や事件が起こった際、責任は事故を起こしたお客様自身にある場合が多 … } } 駐車場内での交通事故~物損事故の過失割合から未然に防ぐ法~ 近年、交通事故死は減少傾向にあります。 事実、内閣府の調べによると平成27年度の交通事故死者数は4,117人、平成13年から15年連続して減少しています。 駐車場内では、道路交通法の適用が無い 2. また、交通事故においては、後にご説明する過失割合が問題となることがあります。 ドライブレコーダーがあれば、解決を早めてくれることもありますが、駐車場事故の場合には、さらに、周囲に監視カメラがないかも確認すべきです。 これらの監視カメラ映像に事故の様子が映っていれば、過失割合を … もたもたしているときに後続車が来ると焦って事故につながっています。 駐車場での事故を起こさないための8つの方法. 駐車場での転倒事故の過失について . 駐車場から道路に出ようとした車と、道路を進行方向で直進する自転車が衝突してしまいました。 【過失割合】 a(自転車):b(駐車場から出てきた車)=10:90 【解説】 自 … "@type": "ListItem", 交通事故問題に強い大阪の弁護士法人いろはでは、初回相談料無料!交通事故に関する様々なお役立ち情報も掲載しています。, { 【ソニー損保公式】駐車場内の通路を走る車と、駐車スペースから出る車が接触してしまった場合の過失割合を解説します。その他、様々なケースで交通事故の過失割合を掲載しています。 q1.駐車場の事故で警察を呼ばないとどうなる? q2.駐車場から出てきた車との事故は警察を呼ぶべき? q3.駐車場の事故で警察を呼ばずに示談してもいい? q4.駐車場の事故で保険は使える? q5.駐車場事故の過失割合は道路上の事故と異なる? "name": "損害賠償" 駐車場は、意外にもトラブルが発生しやすい場所のひとつ。過去には、高額な賠償命令を出された事故も起きています。今回は、日常的に訪れる人の多いスーパーマーケットの駐車場で起きた事故事例を紹 … 駐車場内で発生した事故は道路交通法の適用を受けませんが、交通事故が発生し、任意保険を使う場合には、過失割合を算出する必要があります。 駐車場内で発生した事故の過失割合の算出方法で、公道で発生した事故と少し異なる点は、駐車場内で自動車同士の事故が生じた場合は、駐車スペースに入庫する自動車が優先され、駐車スペースに入庫する自動車の過失割合が低くなることです。 現在、約30%の車両事故が駐車場内で起きています。私有地での場合は変わってくるが、駐車場事故のほとんどが交通事故と同じように扱われます。また、駐車場で事故にあったときには、すみやかに負傷者の救護をして、警察や保険会社に連絡しなければなりません。 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。もらい事故のご説明。双方に過失が認められる交通事故に対し、片方に全く非がない、過失割合がゼロ対100%となる事故を、「もらい事故」といいます。物損時の修理代や慰謝料、自動車保険についてもご説明。 }, 駐車場では自動車が後退発進をする機会も多く、また歩行者と自動車が同一の場所を通行するため、交通事故の発生件数も少なくありません。, このような駐車場特有の事故発生のリスクや、駐車場が一般の道路と違って私有地であることなどから、道路での交通事故の場合と対応が異なることがあります。, この記事では駐車場における交通事故について、どのように対処すべきか、どのように加害者に賠償責任を追及することになるのか、また、賠償の内容にどのような影響があるのか、といったことをご説明いたします。, 駐車場は私有地ですが、道路での事故と同じように「交通事故」として扱われ、自賠責保険をはじめとした自動車保険は使えるのでしょうか。加害者にはどのような責任が課されるのでしょうか。, 大型ショッピングセンターの駐車場や、コインパーキング等、不特定多数の人や車両が自由に通行できる場所は、「一般交通の用に供するその他の場所」(道路交通法2条1項1号)とされ、道路交通法が適用される「道路」として扱われます。, 自宅のガレージや、月極駐車場など、特定の人や車両しか出入することがない駐車場は、一般的に道路交通法の適用を受けません。, 先にみたように、道路交通法の適用を受ける駐車場内の事故は、交通事故として扱われるため、警察への届出を経て交通事故証明書が発行され、人身事故であれば自賠責保険や任意保険、物損事故であれば任意保険が使えます。, 一方、道路交通法の適用を受けない私有地としての駐車場内の事故は、交通事故として扱われないため、保険請求時に必要とされる交通事故証明書は発行されません。, しかし、被害者が死傷するような人身事故の場合は、自賠責保険の対象となります(この場合、交通事故証明書の代わりに、人身事故証明書入手不能理由書を提出することになります)。, 契約内容や事故の状況によっては補償の対象外となる場合もありますので、ご自身の任意保険の契約内容をしっかりと確認されることをお勧めします。, 私有地か公道かなどの事故発生場所に関係なく、人を死傷させる人身事故が発生したときは、車を運転していた加害者は、自動車損害賠償保障法3条で定められた運行供用者責任を負います。, 加害者に注意義務違反等の過失がある場合には、人身事故だけではなく、物損事故も含めて民法709条に定める不法行為責任を負うことになり、被害者に対して損害を賠償する責任が課されます。, 「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」に規定される刑事罰が科されますし、ひき逃げをした場合には、道路交通法72条1項(負傷者の救護義務、警察への報告義務)に違反したとして同じく刑事罰の対象となります。, ドライブレコーダーがあれば、解決を早めてくれることもありますが、駐車場事故の場合には、さらに、周囲に監視カメラがないかも確認すべきです。, これらの監視カメラ映像に事故の様子が映っていれば、過失割合を決する一助となることがあります。, 後日、弁護士からの要請によって、映像を提供してもらえる可能性があるため、その場で映像を提供してもらえなくとも、その映像の部分を保存しておいてもらうように要望しておきましょう。, 道路での交通事故と同じく、加害者に対して、治療費や通院の交通費等のほか、休業損害、慰謝料等の人身に関わる損害の賠償を受けることができますし、物損事故の場合は、車や携行品の損害について賠償を受けることができます。, さきほども述べましたが、道路交通法の適用を受ける駐車場では、道路での交通事故と同じく、交通事故証明書の交付を受けることもできます。, 駐車場内は不特定多数の人や車両が出入りする場所であり、信号がなく車の動きも道路と比べて不規則であることから、特に車の運転者には、道路を走行するときに比べて前方注視義務や徐行義務が高度に要求されると考えられています。, また歩行者にとっても、一般の道路以上に周囲の自動車の動きに気を配る必要があります。, このような駐車場において課される注意義務の特性は、事故が発生した際の各当事者間における責任の割合(「過失割合」といいます。)にも影響があります。, そこで、駐車場内での典型的な事故形態に応じた過失割合の考え方を一部紹介いたします(別冊判例タイムズ38「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準 全訂5版」)。, 駐車場内の通路の交差部分に進入した四輪車同士が出合い頭に衝突した場合を想定して、過失の考え方をみていきましょう。, 駐車場内の通路では、駐車スペースへの進入や駐車スペースからの退出のため、四輪車が向きを変えたり、バックしたりと、様々な動きをすることが想定されます。, 通路の交差部分においては、交差部分に入ろうとしたり、交差部分を通行したりしている車は、他の車も同様に通行してくることを想定して、交差部分の安全をよく確認し、状況に応じて他の車との衝突を回避することができるような速度と方法で通行する義務を負うとされます。, そこで、交差部分に進入した車同士の出合い頭の衝突事故については、双方とも同じ程度の注意義務があると考えられますから、原則として双方の運転者は同じ割合の過失責任「50:50」を負うことになると考えられています。, ただし、一時停止の表示があったのに無視したり、進行方向の指示に反する通行を行ったりした場合は、そのような通行をした運転者には、より多くの過失責任があると考えられますので過失割合を修正して考えることになります。, 駐車場内では、一般の道路と違い、車が通路と駐車スペースとの間を行き来することは当然に予定されています。, そのため、通路を通行する車は、駐車スペースに駐車していた車が、退出のために通路に進入してくることを常に予想すべきですし、そのような車が存在することを想定して、常に安全を確認し、通路の状況に応じて衝突を回避することができるような速度と方法で通行する義務を負うとされています。, 一方、駐車スペースから通路に出る車は、停止した状態から動き出すことから、停止している状態では、通路を通行する車よりも容易に通路の安全を確認し、衝突を回避することができるはずです。, また、車が動き出して通路に入る際に、通路を通行する他の車の進行を妨げることになりますから、通路の安全をよく確認し、車の通行を妨げる可能性がある場合は、通路への進入を控える義務を負うと考えられています。, ですから、駐車スペースから通路に入る車の方に、通路を通行する車より、重い注意義務が課されていると考えるため、駐車スペースを退出する車と通路を通行する車の過失割合は「30:70」を基本的な過失割合として考えます。, 駐車場は、駐車をするための施設ですから、駐車スペースへの車の進入は、原則として通路を通行する車に対して優先されるべきで、通路を通行する車は、駐車スペースに進入しようとする車を発見した場合には、駐車が完了するまで停止して待機するか、駐車しようとする車と安全にすれ違うことができる程度の距離を確保した上で、注意しながら安全な速度と方法で通行する義務を負うと考えられています。, 一方、駐車しようとしている車は、通路を通行する他の車の進行を妨げることになるので、他の車の動きを注視し、通路の状況に応じて他の車との衝突を避けることができるような速度と方法で進行する注意義務があると考えられています。, 以上のように、通路を通行する車の方が、駐車しようとする車に比べてより重い注意義務があると考えられているので、一般的に、通路を通行する車と駐車しようとする車の事故は、80:20の過失割合を基本に考えていくことになります。, 駐車スペースに出入りする車の運転者は、車の周囲の安全を常に確認し、歩行者の有無にかかわらず、いつでも停止することができる速度で運転し、進行方向に歩行者がいる場合はすぐに車を停止させる義務を負うことから、車の運転者に大きな過失責任があると考えられています。, 一方、歩行者の側も、駐車場内は常に車が行き交う場所であるので、車の動きを注意深く観察する義務があります。, そこで、歩行者が車に注意を払っていなかったと考えられる場合には、原則として歩行者にも過失が1割程度あると評価されることがあります。, 歩行者専用の通路が整備されている駐車場はまだ少なく、車が行き交う通路を歩行者が通行する場面も多々あります。, ですから、駐車場内の通路を通行する車は、歩行者が存在することを常に想定して、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行する注意義務を負うとされます。, 一方、歩行者も、駐車場内の通路を通行する場合には、車が通行することを常に意識して、慎重に進路の安全を確認するべきとされています。, そこで、歩行者にも原則として1割程度の過失があると考えられていますが、歩行者の急な飛び出し等があった場合には、過失割合が修正されて2割程度となることも考えられます。, しかし、実際には、これまでの分類には当てはまらない状況で発生する事故も多く、過失割合は実際の状況に即して個別・具体的に考えざるをえないのが実情です。, 以上のように、歩行者と自動車が入り交じって出入りする駐車場では、日々多くの交通事故が発生しています。, 加害者が負わなければならない被害者への損害賠償責任は、道路での交通事故とほぼ同じですが、契約の内容によっては保険を利用することができない可能性もあります。, また、過失割合の考え方については、駐車場としての特性に応じて注意深く検討する必要があります。過失割合は、最終的に被害者が被った損害額から、被害者の過失分が差し引かれることにもなる重要な要素です。, 駐車場で交通事故の被害に遭われた場合、経験が豊富な弁護士に早期に相談することをお勧めいたします。, 弁護士法人いろはの代表弁護士。「迅速」かつ「丁寧」なリーガルサービスを提供する、交通事故問題の専門家。, TEL:0120-783-849 / 平日:09:00~18:00 / 定休日:土・日・祝祭日. } 駐車場内での事故を減らすには、以下の方法を徹底して行いましょう。 ①スピードは10キロ以下、歩行者がいれば4キロで走行すること { } "name": "交通事故問題相談室トップ" コインパーキングやマンションなどの駐車場で交通事故が起こった場合、 1. "@context": "http://schema.org", "position": 1, "@id": "/koutsujiko/indemnity/parking-lot/", https://www.city.akishima.lg.jp/s080/010/020/20140904231759.html "@type": "ListItem", 自動車保険 交通事故 過失割合のことならイーデザイン損保。四輪車同士の事故 駐車場内での事故の過失割合について解説します。(隣接車との接触事故、駐車場内での追突事故など) 公開日: 2015年05月28日 相談日:2015年05月28日 . "position": 3, { "@type": "BreadcrumbList", }, "position": 2, 1.事故発生場所 事故発生場所 h24 h23 ①駐車場内 28.3 31.8 ②道路上その他 71.7 68.2 で発生しています。 (h25.5日本損害保険協会東北支部モニタリング調査結果) "item": 2-2 事故例2(駐車場での対自転車事故) 図4は、駐車場に停車した車両の右横を通過しようとした自転車と衝突したドア開き事 故の例である。 [事故概要] 軽傷事故、水曜日、曇り、午前10 時頃、 … 飲食店の駐車場で接触事故(軽い接触で傷はありません)を起こしましたが、、、、車は駐車中で、乗っている人は無しです。駐車中で、相手の方は、そのときは見えなかったので、かってに、こちらで、警察を呼びました。そして、見てもらい "name": "駐車場事故の過失割合について解説" [ その車は駐車場から歩道を横切る時、一時停止をしませんでした。わたしは車にはねられた衝撃で飛ばされ頭から落ちてゴンという音が聞こえたことを憶えています。診断書は既に所轄署に提出済みです。傷病名 頭部血腫10日間の加療を要 "@id": "/koutsujiko/indemnity/", 車で買い物に出掛けた際に、必ず利用する駐車場。実は駐車場での事故はかなり起こりやすいのです。今回は、スーパーの駐車場で事故が起こる原因や、駐車場での事故を予防するために、駐車場ですべき安全走行についてご紹介します。 ] { "itemListElement": 1 弁護士 ... 自転車と車の事故。